長野で人気のお城、紅葉の時期以外の楽しみ方も

和風は四季がはっきりしていることが大きな特徴です。
そのため、外回りに出掛けて愛する辺りへは、別の時機に訪ねることも楽しみ方のひとつですよね。

そのひとつとして「お城」が注目されています。
お城のまわりは木々が植えられておることが多い結果、天然を身近に感じながら、日頃の喧噪を忘れてのんびり過ごしたいヒトにおすすめの名勝だ。
紅葉の時機に長野県内を訪れるときは、県内のお城をお出かけ針路に入れてはいかがでしょうか。

長野県内には数多くのお城がありますが、殊に、中信故郷における「松本城」(松本市)は「国宝」のひとつとしても注目されています。
松本城のバックには北アルプスや美ケ原野が控えてあり、雄大な情景とのコラボも楽しめます。
こちらは「平城」(平地に建てられた城)で、山地による「山城」が多い戦国時代に建てられたお城の取り分けほんま物珍しい側だといわれています。

因みに、松本城の紅葉の見頃は10月額下旬~11月額上旬!桜をはじめとする木々の紅葉が楽しめます。
桜の木は公園や堀沿いの歩道にも植えられているため、付近を散策するのもいいですね。

また、松本城はお花見辺りとしてもおすすめです。
パーキングには、普通モデル110台・ジャンボ銭湯24台が止まることから、信望風が見通せるようです。
因みに、桜の見頃は4月額中旬~4月額下旬ですので、こちらもお見逃しなく!
南信故郷には「高遠城址公園」(伊那市)があり「和風さくら名所100選」のひとつとしても有名です。
こちらの紅葉の見頃は10月額下旬~11月額中旬で、その期間内に日取りされている「高遠城址もみじイベント」へのお出掛けもおすすめします。ミュゼ高知イオンモール店の全身脱毛、その人気の秘密は?